FC2ブログ

記事一覧

行き着く先は同じ

行き着く先は同じ 
2019/2/15 Yahoo!ブログ

2017/10/01 textream
ewkefc

ドルが国際基軸通貨の座から下りると、アメリカは国防力を遥かに超える軍事力を維持できなくなるし、維持する必要もなくなるわけ。
従って、在日米軍は日本から撤退することになるんだよ。
いいかい。アメリカの国防力を遥かに超えた軍事力は、ドルの価値を維持するために存在しているんだよ。つまり、国債通貨秩序を維持するために存在しているわけ。
そういう観点を持って政経を語ってくださいね。

希望の党代表の小池百合子は、党所属議員の条件として保守を満たす方と言っている。
では、何を保守するのかと言うと、ドル体制なんだよ。
希望の党とはドル体制の維持勢力なのね。だから、所謂安保法制に反対の民進党議員は公認できないと言っているんだよ。
従って、自民党と公明党と希望の党は同じ方向性を持った政党ということになるわけ。

鳩山由紀夫は、論文でドル体制に代わる多極通貨体制を主張した。
だから、日米同盟を見直すと言ってアメリカから反発されたが、菅と野田は鳩山とは違ってドル体制を維持して行こうとしたし、日米関係の見直しなど表明しなかった。
しかし、所謂安保法制には反対の立場だったから、菅と野田は保守として中途半端な立ち位置だったわけ。
このように、旧民主党は保守とは言いながらも統一した方向性を持っていなかったんだよ。

社民党は、ドル体制に代わる通貨秩序を提唱していないが、日米安保条約の軍事同盟の側面を弱めながら平和友好条約へと転換すべきと提唱しているから積極的な保守ではない。
日本共産党は、社民党と同じくドル体制に代わる新たな通貨秩序を提唱していないが、日米安保条約の解消を提唱しているわけだから間接的にドル体制の維持を否定しており、明らかに保守ではないわけ。

でもね、全ての国政政党は資本主義経済による国家運営を前提に存在する政治勢力であり、どこを選択しても行き着く先は同じなんだよ。
何故なら、資本主義経済のメカニズムには逆らえないからだよ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント