fc2ブログ

記事一覧

『世界的に有名な、ただの門番の詩』に対する意見

『世界的に有名な、ただの門番の詩』に対する意見

>そして特攻隊として散華された二十歳前後の若者たちは、いまを生きている私たちに、「強い心を持て。苦難に耐え、尊ばれる生き方をせよ」と呼びかけてくださっているのではないでしょうか。

所謂特攻とは自発的な感情の発露ではないんだよ。
極左テロリストどもは革命を起こして国民国家という資本主義経済国を作ったのだが、この人工的な共同体を統治するには人々に統一した価値観を植えつける必要があったのね。
極左テロリストどもはキリスト教のような一神教の国教を作って共同体を統治しようと考え、天皇教を作ったわけ。
つまり、人々を天皇教の信者に仕立てて国民という道具を製造しようと考えたんだよ。
教育勅語は天皇教の教義として作られたもだが、人々に浸透することはなかった。そこで極左テロリストどもは、教育現場で天皇教を布教しようと考えたんだよ。
修身の教科書には教育勅語がよりわかり易く表現されていて、純粋無垢な子どもたちの多くは天皇教の教義に洗脳されてしまった。

「諸子よ、日本人たるものは、天皇陛下の御命令あらば、勇んで戦場に出でざるべからず。ーたび戦場に出たるものは上官の命ずるままに火の中、水の中にも飛び入りて天皇陛下の御ために尽くさざるべからず。」

所謂特攻とは天皇教の教義の実践だったわけ。
しかし、全ての子どもたちが洗脳されたわけではなく、中らは戦場に行きたくない人達も大勢いたんだよ。
殺されるのも嫌だが、人を殺すのも嫌だった。
しかし現実は国家権力に逆らうことは許されず、否応なしに戦場へと送られて殺されたわけ。
キミは本意では無い死を迎えざるを得ない人たちの悔しさや無念さを無視し、彼らをあらぬ物語の中に押し込んで死を美化している。
愚か者がやる行為だよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント