fc2ブログ

記事一覧

『カールソン、よう聞いてくれた、けどやっぱりプーチンは、戦略的には負けてるんや。どうする日本。』に対する意見

『カールソン、よう聞いてくれた、けどやっぱりプーチンは、戦略的には負けてるんや。どうする日本。』に対する意見

>この部分、知識がない人は、「やっぱりウクライナが悪いんだ!」と信じてしまうのでしょうか?あたかもウクライナ政府が、内戦勃発の理由であるかのような。
>しかし、実をいうと、内戦がはじまったのは、ルガンスク州、ドネツク州の親ロシア派が2014年4月に、「ルガンスク人民共和国」「ドネツク人民共和国」の独立を宣言したからです。

無知丸出しだ。こういうお馬鹿は冷戦の意味も知らないだろうね。
アメリカ政府とジョージ・ソロスが暴力革命に関与したからロシアの軍事力行使(クリミア併合)を呼び込んみ、内戦へと突入したわけ。
ロシアはEEU(ユーラシア経済連合)の構築に取り組んでいたわけよ。
しかし、アメリカの介入によってウクライナで暴力革命が起こり、それによってウクライナ正規軍と反政府組織が衝突してロシアのクリミア併合が起った。
そして内戦は激化して行き、そしてロシアの侵攻に繋がった。
ウクライナの内戦はEUの一員として経済成長したいという勢力と、EEUで経済成長したい勢力との戦いだ。
ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国で流通していた通貨はロシア・ルーブルであり、両国は既にロシア経済圏の国家だった。
ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国は実質的にロシアの一地方として機能しているわけだから、ロシアはこの重要な市場を手放したくなかったということだよ。
要するに、ロシアによるウクライナ侵攻は、EUへの加盟を目指すウクライナから実質的にロシア経済圏の一員だったドネツクとルガンスクを分離してEEUへ引き込むためのものだ。
EEUの拡大は世界的に進むドル離れを加速する可能性があった。だから、アメリカは暴力革命を起こして親露派であるヤヌコーヴィチ政権を倒す必要があったのだ。

【二つの資本主義経済圏】

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント