FC2ブログ

記事一覧

第2次産業の就業者数のピークは1992年

第2次産業の就業者数のピークは1992年

2014/12/23 textream
ewkwfc

>円安で 自動車国内生産回帰
国内工場での生産 これこそ私が 円安を支持をしてきた理由。
これでこそ 税収も上がる。

海外生産比率も海外売上高比率も拡大し続けているわけだが、製造業の海外における事業展開は円高以前から始まっているんだよ。
確かに、円高の影響から逃れるために生産拠点を海外に移転させるケースもあったわけだが、海外進出の主な理由は低い労働賃金を確保することであり、生産拠点を販売市場の近くにすることで輸送費用を低く抑えることだったわけ。
それに、輸出におけるドル決済の比率は約52%で、円建て比率は約36%もあるんだよ。

例えば、ホンダは販売市場のアメリカに近く、労働賃金の低いメキシコで自動車を生産しているよ。
つまりね、円安で戻ってくる企業というのはグローバル企業や多国籍企業ではなく、円高に耐えることができなくなって仕方なく海外に生産拠点を移したほんの一握りの企業に限定されるということだよ。

あのね、国内には輸出をして利益を得る企業だけではなく、輸入によって利益を得ている企業もあるし、国民は輸入による恩恵を得ているわけ。
それなのに、どうして輸出企業ばかりを見てしまうのかな?
これは年寄に多くみられる傾向でね、いまだに日本は加工品を輸出して利益を上げている国という錯覚に陥っているからなんだよ。
例えば、第二次産業の就業者数のピークは1992年の2194万人だが、その後は減少一途なんだよ。
これは決して企業の海外移転に伴う減少ではなく、第二次産業の需要飽和に伴う労働人口の移動が原因なんだよ。
その証拠に、第三次産業の就業者数は全就業者数の7割を超えるまでに膨らんでいるよ。
日本の中心産業はね、第三次産業なんだよ。
お前って単純だね。

2014/12/24 textream
ewkwfc

>円高で海外に移転した企業が円安で日本に戻ってくる。

クリフ氏はね、円安で自動車国内生産回帰という意見に対して、日本に戻って来るのではなく、戦略的に生産輸出の拠点に日本を選択したにすぎないと言っているわけ。
確かにホンダは日本企業としてキャリアをスタートさせているが、今ではグローバル企業である。
ホンダは円高を理由に生産拠点を海外に移転させた企業では無いのだから、円安で日本に戻って来るという表現は誤っていると言っているんだよ。

日産は既にメキシコの工場でメルセデスとの共同生産を開始しているし、カルロス・ゴーン氏は2016年までにメキシコの生産能力を100万台に引き上げると表明している。
つまり、メキシコは日本を抜いて世界最大の輸出拠点になるんだよ。
確かに日産は日本企業としてキャリアをスタートさせたが、現在の日産はルノーの連結子会社である。
そのルノーの株式の約15%はフランス政府が保有しているわけだから、ルノーはグローバル企業ではなく多国籍企業ということになる。
日産は、ホンダと同様に円高で生産拠点を海外に移転させたわけではないんだよ。
したがって、もし日産が円安を理由に日本での生産増を選択するのは戦略的な選択であり、円高で海外に移転した企業が円安で日本に戻って来るということではないんだよ。

日本の企業としてキャリアをスタートしているから日本の会社だと思ってしまうのかもしれないけど、外資が多く入っていたりグローバル企業として活動している企業を日本企業として見るのは誤りなんだよ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント