FC2ブログ

記事一覧

世界最強の軍事力を持たない限り自衛は幻想

世界最強の軍事力を持たない限り自衛は幻想

2016/05/13 textream
ewkwfc

>放棄しているのは交戦権 と陸海空の戦力

「しかし、我が憲法は一切軍備を禁じているだけではない。侵略国の死命を制する力もなく、ただ消極的に敵軍が領土に上陸侵入することを防ぐに足る程度の中途半端な自衛施設などは、かえって侵略国をおびき出す餌となり、侵略国を引掛ける釣針にはならない。弱勢の兵力でも全く無いよりは優る。少なくともある期間、侵入軍を阻止する効果があるだろうなどと考えるかも知れないが、近代の歴史は反対の事実を示している。先の大戦でドイツは電光石火的戦争と称して、弱勢の隣国を瞬く間になぎ伏せたではないか。もし日本の兵力が、いかなる強国またはどの同盟国にも桔抗して侵入軍を徹底駆逐できるものであれば、連合国側がそれを承認するはずはなく、もし承認されるとしても国力はそれに耐えられない。強いて軍備の過大な充実を試みるなら、侵略されるより先に内部の疲弊困意によって国家の破滅を来すことになる。」

9条の発案者である幣原はね、世界最強の軍事力を持たない限り自衛なんてものは幻想であり、第一そんな軍事力の保有を連合国が認めるわけがないし、万が一保有できたとしても、そんなものの保有に現を抜かしていると国家財政はもたないと言っているわけ。
いいかい。自衛権を放棄したから軍備を持てないんだよ。つまり、軍備の放棄と自衛権の放棄は同義なんだよ。

>自衛権>自衛戦争であって
自衛権=自衛戦争でないよ

あのね、等号と不等号という記号は、「数字」という同じカテゴリーの記号同士の関係を表すものだよ。
自衛権とは「権利」で、自衛戦争とは「戦争」だよ。
「権利」と「戦争」は、同じカテゴリーの言葉ではないよ。
等号や不等号という記号を使う場合、「権利と権利」というように、同じカテゴリー同士を比較するべきだ。
言いたいことは式ではなく、文章で論理的に表現しようね。

>1950年も自衛隊の前身である警察予備隊が発足したのは

警察予備隊は国内秩序を維持するためのもので、自衛権を行使する目的は持たないわけ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント