FC2ブログ

記事一覧

不変の権利を否定すれば共同体は存在根拠を失う

不変の権利を否定すれば共同体は存在根拠を失う

2016/05/13 textream
ewkwfc

>つまり自然状態とは少しも自然な状態ではない。ましてや歴史上に実在したものなんかであるわけがない。それは一種の空想の産物なんだよ。

あのね、自然状態とは人が産まれたばかりの状態を指す言葉でね、自然権は産まれたばかりの個人が持っているものと想定したわけ。

>じゃ、なんであったはずもないそんな自然状態や自然権を空想しなければいけないのか?それは国家や統治のあり方の是非を判断するためなんだよな。

空想ではなく、想定だよ。是非の判断?誰が判断するの?
自然権は不変の権利として想定されたものでね、権力が侵すことのできない権利を想定しなければ、共同体の存在理由を説明することができないわけよ。
つまりね、不変の権利を否定すれば共同体は存在根拠を失うんだよ。
何故なら、共同体とは人が人として生きるために形成されるものだからだよ。
自然権という不変の権利とは、共同体統治の是非を問う判断基準ではなく、共同体の存在根拠を示しているんだよ。

>たしかに「天賦人権説」は論理的にはおかしい

ほら、お得意の妄想だ。こんな妄想は三歳児でも言えるよ。何がどのようにおかしいの?

>例えばムラでは・・・。などと実証レベルでアホな主張をすれば、君たちはたちまち片山さつきさんに負けるに決まってんだよ。

ムラとは村のこと?時代や共同体の形態に関係なく、生存権という不変の権利を個人同士が相互補完するために共同体が形成されるわけ。
不変の権利を否定すれば、共同体は存在し得ないんだよ。
妄想は程々にしなさいね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント