FC2ブログ

記事一覧

国旗掲揚や国歌斉唱が無くても式典の目的を達成することは可能

国旗掲揚や国歌斉唱が無くても式典の目的を達成することは可能

2016/08/25 textream
ewkwfc

>勤務時間なんだから勤務の一環であるはずの行事を全うするのが
公僕の行動規範ではないかしら。

俺はね、教員の職務や校務が個人の思想信条を侵してはならないと反論しているわけだから、論点は国旗掲揚及び国歌斉唱時に起立や歌唱を強制する行為は憲法に違反する行為なのか否かなんだよ。
論点を見つけられないのは、文章を読み解く能力が無い証拠だよ。

学校の入学式や卒業式などの式典の企画や実施は校務にあたるわけ。
例えば、入学式や卒業式の目的は、入学や卒業の認定と祝うことだよ。
従って、国旗の掲揚や国歌の斉唱が無くても式典の目的を達成することは可能なんだよ。

それなのに、どうして式典の目的を逸脱した国旗掲揚や国歌斉唱を式典に盛り込まれ、起立と歌唱を強制しなければならないの?
これは単なる儀礼ではなく、何らかの意図があるということだよね?

国旗や国歌に嫌悪感や不快感を抱く人がいるのであれば、国旗の掲揚や国歌の斉唱を実施しなくても何の問題も生じないわけだから、教員に対して起立と歌唱を強制する根拠はないんだよ。
そうだろ?

満州事変以降に国民精神総動員運動が起こり、天皇教は学校教育の場での布教活動を強化し、国民に忠君愛国の意識を日の丸や君が代を用いて植え付けて行ったわけ。
日の丸や君が代は、天皇及び国家への忠義を強制する道具として用いられたという歴史を持ち、因って、日の丸や君が代に対して嫌悪感や不快感を抱く人達がいるんだよ。
また、戦争を経験していない世代の人でも、同様の思いを持つ人がいても不思議ではない。

俺も含めて、戦争を知らない世代の多くは国旗や国歌に対して何の感慨も無いだろう。
しかし、たとえ少数でも日の丸や君が代に対して嫌悪感や不快感を抱く人達がいるのであれば、その人達への配慮として個人の思想信条を侵すような式典を行うべきではないんだよ。
それが民主主義というものだし、憲法を順守するということだ。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント