FC2ブログ

記事一覧

『SARS-CoV2パンデミックで生じた言論の混沌』に対する意見

『SARS-CoV2パンデミックで生じた言論の混沌』に対する意見

>仮にインフルエンザや肺炎が原因で亡くなっている方が世の中に一定数いるから、ウイルス感染症で亡くなるのは大した事は無い!という論説がまかり通るなら、

日本における例年の季節性インフルエンザの感染者数は推定約1000万人で超過死亡者数は約1万人と推計されているが、今までは非常事態宣言はおろか学校の一斉休業要請やイベントなどの自粛要請などは行われなかったわけ。
つまり、政府や国民は1シーズン1万人の死亡者を許容範囲であると判断してきた事実があるんだよ。
要するに、今までは決して人の命を軽んじてきたわけではなく、人は必ず風邪やインフルエンザに罹るという前提に立って人命尊重と経済活動とのバランスをとって許容範囲を決めていたんだよ。
例えば、自動車事故による年間死亡者は約3000人だが、一人の死亡者も容認できないという考えなら国民の自動車運転を禁止にすれば良いわけだが、それでは国民経済が成り立たないわけだから運転禁止の措置はとらないわけ。
つまり、自動車事故による年間3000人の死亡者は許容範囲だということなんだよ。

以下のサイトのグラフを見れば一目瞭然だが、日本の感染速度は明らかに他国に比べて遅い状況にあるわけ。
これは決して自粛要請や緊急事態宣言の結果ではなくそれ以前からの傾向なんだよ。
日本では新型コロナウイルスのの感染爆発など起きていないし、インフルエンザの流行レベルの規準に照らししても注意報レベルにも達していない状況だから日本は自粛などする必要はなかったということだよ。
感染が終息していないわけだからインフルエンザと今回のコロナウイルスの致命率を比較しても意味が無いし、そもそも武漢渡航歴のない感染者の第一例目が確認された2月末から現在までの死亡者数が約140人ですから、現在のペースが後1~2か月続いたとしても許容範囲を超える可能性はないのね。
これが事実なんだよ。
パンデミックだ医療崩壊なんて言葉が飛び交っているけど、事実に正対して冷静に考えてもらいたいわけよ。

【『真のリアリストなら、現金給付に反対しないはず』に対する意見】https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-2232.html


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント