FC2ブログ

記事一覧

日中韓FTAとTPP

日中韓FTAとTPP

2012/12/06 textream
ewkwfc

日中韓FTAは、2003年から2009年の間に日中韓三カ国の民間研究機関による共同研究を経て2010年から産官学共同研究へと移行し、共同研究の終了をもって協定の交渉が始まろうとしているわけ。
つまり、日中韓FTAはTPPとは異なり十分な準備期間を経て交渉に入ろうとしているんだよ。
その理由は、日中韓FTAの先には東アジアの経済統合という目標があるからなんだよ。
だから、日中韓FTA単なる自由競争ではなく、3カ国の個別の事情を最大限に尊重する協定になる筈で、それにより域内の分業化が促進されることになるんだよ。
一方のTPPには経済統合という目標はない。
TPPはアメリカの経済システムを市場に導入させる目的を持っていて、交渉の重点は分業体制の確立ではなく国益重視の交渉になる筈だ。
ならば多国間協定で多くの妥協を強いられるよりも、二国間協定の方が国益にかなった交渉が可能なんだよ。
つまり、わざわざTPPという大きな枠組みに縛られるよりは、個別のFTAやEPAで十分なんだよ。

2012/12/06 textream
ewkwfc

関税を撤廃するのは規制の撤廃と同じで、通貨速度を上げる為なんだよ。
何故通貨速度を上げなければならないのかといえば、資本主義経済は経済成長し続けるという前提条件があって成り立つ経済システムだからだよ。
お金を動かすことで経済成長が可能になるわけだから、人工的に国民国家が作られたんだよ。
日本も例外ではなく、大日本帝国はお金を動かす為に作られた共同体なんだよ。
だから、雑多に存在していた通貨が廃止され、円という日銀券が唯一の法定通貨になったわけ。
しかし、資本主義経済は国民国家を主体とした経済成長が困難になってしまったわけ。
だから、規制や関税を撤廃してお金を動かそうともがいているんだよ。
世界の資本主義経済国は、国民国家を延命させる為に必死にごまかし策に動いているんだよ。
TPPによってどれだけ通貨速度が上がるのか?
ここが論点であって、つまらないナショナリズムを振り回すような問題ではないんだよ。
資本主義経済の仕組みも知らない馬鹿が首を突っ込む問題ではないんだよ。

2012/12/07 textream
ewkwfc

TPPに参加することで、通貨速度が上がって経済成長するのか否かの問題なんだよ。
日本がリーダーなんてどうでもいいことじゃない。
TPPには共通通貨構想が存在しないわけだから、ドルが唯一の決済通貨となる。
つまり、TPPは欠陥だらけの一極通貨体制によって行われることを前提とした協定になるわけ。
現在のドル安は、ドル一極体制に対する信用低下が原因なんだよ。
だから世界的なドル離れが加速しているわけ。
そんな不安定なドルを唯一の決済通貨とした自由貿易協定は、ドルを支える為の協定とも言えるよね。
そんな不安定なドルを決済通貨としていては、通貨速度は上がらないんだよ。

2012/12/07 textream
ewkwfc

利益とは収入から費用を引いたものだから、輸出から輸入を引いて黒字になってもそれは利益ではないんだよ。
逆に、貿易赤字になったとしても、それは損失ではないわけ。
貿易黒字は利益では無いし、貿易赤字は損失ではないんだよ。
何故なら、輸出が収入で輸入が費用ではないからだよ。
つまり、貿易は勝ち負けとか損得ではないわけ。
自由貿易協定は通貨速度を上げて経済成長を促す目的を持っているわけだから、論点は通貨速度なんだよ。

2012/12/07 textream
ewkwfc

>反対しているのは農民の利益を吸い取る組織だということがよく解かる内容です。

日中韓FTAの共同研究ではWin-Win-Winの関係を目指すべきと提言されているわけだから、交渉は各国のセンシティブ品目に対する配慮や3カ国のバランスが重要になるわけ。
例えば中国と韓国によるFTA交渉では、センシティブ品目は10年超の期間を設けて関税を撤廃することで合意しているわけだから、日中韓FTA交渉でも同様の措置が取られる筈だよ。
TPPには経済統合という目標が無い。
日中韓FTAとは根本的に違うんだよ。

2012/12/07 textream
ewkwfc

>タイがTPPに参加を表明したのも、水面下では中国の牽制にあるのかもしれない。

あのね、既にACFTA(ASEAN中国自由貿易協定)が発効されていて、タイは発効当初からの参加国なんだよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント