FC2ブログ

記事一覧

集団的自衛権の行使までは認めていない

集団的自衛権の行使までは認めていない

2013/08/06 textream
ewkwfc

>成文法を頂いている法治国家では、文理解釈によらねばならない

はあ?お前の知能は三歳児並だな。
解釈改憲とは条文を変えずに条文の解釈を改めることだよ。
意味が理解できる?成文の解釈だよ。
お前は何を解釈すると思っているの?

>内閣法制局が何と言おうとも違憲です

無根拠な主張はしないこと。
日本には憲法裁判所が存在しないわけ。
憲法上違憲審査権は最高裁にあるが、憲法解釈権は国会にあるわけ。
でもね、国会の憲法解釈は内閣法制局による事前の違憲審査が必要だから、実質的な違憲審査権は内閣法制局に存在するわけ。
一般常識だよ。

>私は、日本の法体系上の根拠を聞いている

あのね、日米安保条約と日本国憲法のどちらが上位なのかを謳っているものはこの世には存在しないわけ。
従って、事実を知るには現実を分析するしかないんだよ。
しっかりと現実を見なさい。

>日本と言う成文法を頂き立憲主義を採る法治国家において、
節操のない解釈改憲を肯定すべきではありません

成文憲法だから解釈が可能なんだよ。
条文の内容を解釈するのが解釈改憲であり、条文を創作するわけではないんだよ。

>嘘です

あのね、内閣法制局は自衛隊の存在は認めているけど、集団的自衛権の行使までは認めていないよ。
つまり、内閣法制局は拡大解釈の限界を示しているわけ。

>内閣法制局が如何なる意見を示しても

だからね、実質的な違憲審査権は内閣法制局にあるんだって。
お前のような無知は憲法を語るなよ。

>文理に副わない成文憲法ってなんですか?

だからね、成文憲法だから解釈改憲が可能なんだよ。
条文の内容を解釈することで法は確定するわけ。
つまりね、解釈改憲とは法の目的を文章から読み解いて法を確定させることなんだよ。
条文が何を求めているかは意見が別れるところだよ。
何せ、法を作るのも運用するのも人間なんだからね。
だから違憲訴訟が起こるわけ。
確かに、憲法上の違憲審査権は最高裁にあるが、実質的な違憲審査権、つまり憲法解釈権は内閣法制局にあるんだよ。
安部総理は内閣法制局長官を交代させたが、おそらく内閣と同じ憲法解釈を長官に要求する筈だ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント