FC2ブログ

記事一覧

連合国側に打ち殺すと脅された?

連合国側に打ち殺すと脅された?

2018/03/01 textream
ewkwfc

>もちろん連合国側の『打ち殺す』との脅しに屈しての自由意志です。

あのね、自由な意思表示に条件は必要が無いわけ。それに、いくら脅されたと言ったところで、日本国憲法が欽定憲法だという証明にはならないんだよ。
お前は論理的思考力がゼロだな。

お前はな、日本国憲法は君主の命令によって制定されたものだと言っているんだよ。
それに対して俺は、ポツダム宣言を受諾した段階で天皇の権限は連合国最高司令官の制限下に置かれたわけだから、新憲法の制定に関して権限を行使できないと反論しているわけ。
従って、お前がやるべきことは、天皇が権限を行使できたことを証明することなんだよ。

いいかジジイ。日本国憲法の上諭はな、「朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。」となっているんだよ。
つまり、形式的には改正という手続きをとっているれど実質的には新憲法の制定であり、その制定権力は君主ではなく国民の自由意思という民主的権力によるものだということだよ。
天皇による押し付け憲法であるという、お前のお笑い欽定憲法説は論破されているんだよ。

極東委員会は、憲法発効後1年を経て2年以内に国会と極東委員会が新憲法を再検討することを決定したわけだが、それが日本国民に新聞を通して公表されたのは憲法施行を1カ月後に控えた昭和22年3月30日なのね。
吉田茂は国会に於いて、「極東委員会の決議は直接には私は存じません。承知しておりませんが、政府においては、憲法改正の意思は目下のところ持つておりません。」と質問に答え、再検討は行われないまま日本国憲法は昭和22年5月3日に施行されたわけ。
再検討を行わないという政府決定は、行う必要が無いという国民の意思表示でもあり、その証拠に国民からは何の不満の声も起きていないんだよ。

それでも、日本国憲法は国民の自由意思によるものではないという意見はあるだろうが、それをもって日本国憲法は欽定憲法であるという証明にはならないわけよ。
珍説を証明するには、ポツダム宣言を受諾した段階で天皇の全権力が剥奪されていないという、明確な証拠を提示しなければならないんだよ。逃げてはいけないな。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント