FC2ブログ

記事一覧

『緊縮財政が行われる7つの理由をあなたは答えられますか?』に対する意見


『緊縮財政が行われる7つの理由をあなたは答えられますか?』に対する意見
>そもそも論ですが、日本に財政問題は存在しません。発行されいる国債は全て円建てです。では日本円は誰が発行権を持っているのか? 日本政府です。

だからね、政府にあるのは通貨発行権ではなく、貨幣の発行権なんだよ。
いい加減に理解しましょうよ。

『日本銀行はわが国唯一の中央銀行です。日本銀行は、日本銀行法によりそのあり方が定められている認可法人であり、政府機関や株式会社ではありません。』

>国債の償還は円で行われます。とすると日本円を発行できる日本政府に、財政問題があるはずがありません。

だからね、お金の借手と貸手が同一ということはあり得ないわけ。そもそも、同一であれば借金をする根拠がないではないか。
キミはこんなことも理解できないの?

>一般的に国債は「返済されなければならない」と信じられています。

信じられているのではなく、償還される決まりになっています。

「国債は、国が発行し、利子及び元本の支払(償還)を行う債券です。割引の方式で発行される国庫短期証券を除き、利子は半年に一回支払われ、元本は満期時に償還されます。」

『ご存知ですか?国債』

>つまり日本政府は、失われた20年を振り返り緊縮財政を反省するどころか、むしろさらなる緊縮財政を行おうとしたわけです。
政府の方針であることが、緊縮財政が続く理由のひとつです。

1880年 第1次産業67.1% 第2次産業  9.0% 第3次産業23.9%
1920年 第1次産業34.0% 第2次産業26.7% 第3次産業39.3%
1960年 第1次産業14.9% 第2次産業36.3% 第3次産業48.8%
2000年 第1次産業 1.5%  第2次産業29.0% 第3次産業69.5% 
2010年   第1次産業 1.2%  第2次産業25.2% 第3次産業73.6%

だからね、需要は必ず飽和するんだよ。しかし、資本主義経済は成長の強制からは逃れられないから、お金も人も新たな需要を求めて移動するわけ。
だから産業構造の転換が起こるんだよ。
でもね、第3次産業も飽和に達したことでどん詰まりになってしまったのね。
だから経済成長が止まってしまったんだよ。
新たな需要を創出できないわけだから、いくら政府支出を増やしてもお金の流通速度は上がらないわけ。
いつまでも珍説にのめり込んでいないで、いい加減に現実に目を向けようよ。
何度教えてあげても学ぼうとしないのは、今までの自分を否定することが怖いからなんだよ。

『マネーストック 1,000 兆円の矛盾』
『貨幣の流通速度の推移』


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント