fc2ブログ

記事一覧

統計偽装

統計偽装
2014/11/16 textream
ewkwfc

安倍内閣は、財政再建と経済成長を両立することができなくなって消費税率を10%へ引き上げることを断念しました。
殆どの国民は、経済成長を妨げているのは消費税率の引き上げだと思っているようですが、本当の原因は需要を創出できなかったからに他ならないのです。
財政再建と経済成長の両立は国際公約でもあったわけですが、それを実現するには消費税率引き上げによる消費の落ち込みを成長戦略で補い、更に需要を拡大させなければならなかったのです。
しかし需要を創出することはできず、今のところ経済成長に寄与しているのは公共事業を中心とした政府支出だけなのです。

何がキッカケとなって金利の急騰が起こるかわかりませんから、マーケットに不安を与える言動は慎まなければならないのです。
資金運用部ショックしかり、VaRショックしかり、マーケットに不安を抱かせるようなメッセージを送ってしまうと金利の急騰が起こりかねないのです。
ですから、消費税率の引き上げの先送りはアベノミクスの失敗ではないというメッセージを発することが必要でした。
それが、消費税率10%への引き上げを1年半先送りしたとしても、15年度の基礎的財政赤字を対GDP比半減させるとの目標は余裕をもって達成できるという試算結果だったのです。
しかし、試算結果は前提条件を変えるだけで意図的に操作できる代物だということを理解するべきです。

消費税10%への引き上げを先送りにしてプライマリーバランスを半減させるには、成長戦略によって需要を創出する必要があります。
しかし、成熟した市場に需要を創出することは困難なのです。
ではどうするのかというと、社会保障費の削減や給付削減によって高齢者に負担増を求めるしかありません。
2015年度の予算案は、高齢者にとって厳しいものとなるでしょう。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント