FC2ブログ

記事一覧

借金という形でお金が発行されていた

借金という形でお金が発行されていた

2018/04/23 textream
ewkwfc

>中共などは、市場経済(資本主義経済)を導入しているからだよ。
社会主義の経済を論じているのでな。

論点をすり替えてんじゃねーよ。よーく読んでごらん。

>だから、社会主義は等価交換だから、資本主義と違うということになるだろう。

お前はな、社会主義は等価交換だと言っているのであって、計画経済は等価交換とは言っていないんだよ。
それに、現在では計画経済を行っている国は無いわけ。
因みに、ソ連の第一次五カ年計画は1928年から1932年に行われたのね。
俺が提示した社会主義国の銀行制度に関する論文には、

『ネップ初期の1921年の貸出金利は国営企業で月利8%、協同組合で10%、個人企業で12%であった。その後、インフレの低下や銀行の資金繰り改善等に伴い金利は低下を続けた。1931年には全銀行に対して4つの金利が導入された。すなわち、①計画された信用については8%、②一時的な流動性不足に対する信用は10%、③決済のための信用は8%、④支払期限を過ぎたものについては10%とされた。・・・・・』

と書かれているんだよ。これは二度目の投稿だよ。
計画経済下のソ連ではね、国有企業やコルホーズなどの政府機関に融資が行われていたわけだから、借金という形でお金が発行されていたわけよ。
要するに、ソ連は利子が付いたお金で経済活動を行っていたんだよ。
五カ年計画中の1930年から1932にかけてネップ制度からモノバンク制度に移行しているわけだが、北朝鮮はソ連のモノバンク制度を取り入れているのね。
従って、北朝鮮の中央銀行は金利を設定し、政府機関と国有企業にお金を貸していたわけ。
わかった?根拠もないのに作り話をしてはいけないよ。

>「金利を設定して政府機関に融資をしている事実」などない。

ほらね、根拠のない作り話をしている。反論するなら証拠資料を出せ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント