fc2ブログ

記事一覧

『アルメニア人のジェノサイド、「鏡を見よ」バイデンに巨大ブーメラン!ブレイクニー少佐の原爆批判』に対する意見

『アルメニア人のジェノサイド、「鏡を見よ」バイデンに巨大ブーメラン!ブレイクニー少佐の原爆批判』に対する意見

>ところが、被告・日本側の代理人のブレークニ―少佐は、戦争は合法的であり、戦争における殺人を殺人罪では裁けない、と断じた。

まずね、善なる戦争も悪なる戦争も認めてはならないわけ。何故なら、いずれの戦争も正義を振りかざすことになるからだよ。
ならば、戦争にルールを設けようということになった。
でもね、勝者こそが正義になるんだよ。ルール違反だから判定負けとはならないのね。
戦時国際法なんてものは、戦争を認めた時点で終わっているマヌケな国際法だったわけ。

>そして日本側の戦争における「殺人罪」で問うなら、アメリカの原爆による大量殺戮を殺人で問うべきと戦勝国の迫った。

何度シミュレーションを行ってもアメリカの勝利は変わらなかった。
更に、シミュレーションではソ連の参戦も予想していた。
それでも大日本帝国は開戦に踏み切った。
アメリカの原爆投下やソ連の参戦はアメリカやソ連が悪いのではなく、全ては大日本帝国というクソ国家の選択が呼び込んだものだよ。

【潔く降伏していれば都市空襲も原爆投下も起こらなかった】https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-967.html

>開廷早々の管轄権問題では、国際法に戦争に関する法規があることから戦争は犯罪ではないと主張し、検察側立証段階では、有効な反対尋問を行った。

戦争は犯罪ではない。だから戦争を選択した。
つまり、大日本帝国というクソ国家は勝者こそが正義であるという方法を選択したわけだから、勝者の正義を受け入れるしかないんだよ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント