FC2ブログ

記事一覧

『コロナ禍自殺を懸念!ひとり親世帯、脅かされる生存権 コロナで収入減「耐えるしか」 きょう憲法記念日』に対する意見

『コロナ禍自殺を懸念!ひとり親世帯、脅かされる生存権 コロナで収入減「耐えるしか」 きょう憲法記念日』に対する意見


>新型コロナウイルスの感染拡大が長期化し、日本国憲法の25条で規定されている「生存権」が脅かされるケースが起きている。特に深刻なのが、ひとり親世帯や雇用が不安定な女性たち。取材したシングルマザーは「コロナで倒れるのが先か、お金がなくて倒れるのが先か」と嘆く。憲法の施行から3日で74年。改めて生存権が問われている。

__________________________________________________________________

[7]一、憲法25条1項は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と規定している。この規定は、すべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営み得るように国政を運営すべきことを国の責務として宣言したにとどまり、直接個々の国民に対して具体的権利を賦与したものではない(昭和23年(れ)第205号、同年9月29日大法廷判決、刑集2巻10号1235頁参照)。具体的権利としては、憲法の規定の趣旨を実現するために制定された生活保護法によつて、はじめて与えられているというべきである。生活保護法は、「この法律の定める要件」を満たす者は、「この法律による保護」を受けることができると規定し(2条参照)、その保護は、厚生大臣の設定する基準に基づいて行なうものとしているから(8条1項参照)、右の権利は、厚生大臣が最低限度の生活水準を維持するにたりると認めて設定した保護基準による保護を受け得ることにあると解すべきである。

『朝日訴訟 上告審判決』
__________________________________________________________________

国民は誰でも、人間的な生活を送ることができることを権利として宣言しています。  
生存権は社会権の中でも最も原則的な規定だが、国民は自らの手で 文化的な最低限度の生活を維持する自由を有しており、よって公権力はそれを阻害してはならないと謳われているのね。
でも、国民は国家に対してそのような最低限度の生活の実現を求めることができるかということは明確ではないんだよ。
朝日訴訟の上告審判決では憲法25条1項は単に国の責務として宣言したにすぎず、具体的権利を付与したものではなく、具体的権利は生活保護法によって与えられていると言っているわけ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント