FC2ブログ

記事一覧

『シーツ軍司令官、『鉄の暴風』の発刊を拒否した理由』に対する意見

『シーツ軍司令官、『鉄の暴風』の発刊を拒否した理由』に対する意見

>日本軍への復讐の念に燃えたGHQ長官マッカーサー元帥は、ラジオ放送「真相はかふだ」などを通じて日本軍の旧悪を捏造報道し、自身はアメリカの民主主義と言論の自由を伝える正義の伝道師として日本を改造すると公言した。
その一方GHQ参謀第2部(G2)のチャールズ・ウィロビー少将を通じて数々の謀略を行った。日本国民の知らないプレス・コードなどで言論検閲を行った。

復讐も何も、マッカーサーは自らの意思で占領政策を行ったのではなく、指令に基づいて間接統治を行ったにすぎないわけ。
また、プレスコードの目的は安定的な占領政策のためだよ。

『Basic Initial Post Surrender Directive to Supreme Commander for the AlliedPowers for the Occupation and Control of Japan』

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント