fc2ブログ

記事一覧

マインドでは破綻しない

マインドでは破綻しない

2016/02/26 textream
ewkwfc

>財政破綻するんじゃないのかってマインドが強くなった時にお金の貸し手がいなくなって破綻するんだと思うよ

まずね、財政破綻の形はデフォルト、つまり債務不履行だけではないんだよ。
例えば、リスケや棒引きやデノミだって財政破綻だし、IMFの支援だって実質的には財政破綻だよ。それだけではないけどね。

憲法84条に謳われているように、日本国は租税国家なんだよ。
しかし、日本国は租税国家として財政破綻しているわけ。知らなかっただろ?
日本国に於いて国債の発行がスタートしたのは1965年。
しかし、1973年には借換債が発行され、その2年後にはとうとう赤字国債を発行してしまったんだよ。
つまり、国債の発行から僅か10年で、日本は租税国家として財政破綻してしまったんだよ。

どうして財政破綻したのかと言うと、利子の速度に経済成長が追いつけなかったからだよ。
確かに、きっかけはブレトンウッズ体制の破綻によって変動相場制に移行したからだが、根本原因は資本主義経済のメカニズムによる必然の結果なんだよ。
マインドなんて関係ないわけ。経済成長は、決して複利の速度に追いつけないんだよ。
物事の根源を見なければ、本質は見えないよ。

赤字国債の発行は財政法に違反するから、その都度特例法を成立させて国債を発行して税収不足を穴埋めするわけ。
だから、赤字国債を特例債と言うんだよ。
租税国家として財政破綻した日本は、その後借金依存国家として国家を運営しているわけ。

>破綻すると思えば破綻するし破綻しないと思えば破綻はしないのかもね

あのさ、明確な根拠があるから結論が導き出されるわけ。
無根拠な結論は、妄想なんだよ。
例えば、アジア通貨危機時にインドネシアは実質的に財政破綻しているけど、これはヘッジファンドの攻撃が原因であり、マインドなど関係ないわけ。
キミは余りにも無知だ。
マインドなんてきっかけの一つにすぎないわけ。
財政破綻の根本原因は、資本主義経済のメカニズムにあるんだよ。

2016/03/01 textream
ewkwfc

>インフレターゲット2%を政府日銀が掲げることで人々のマインドがインフレマインドに変化し物が値上がりしないうちに買ってしまおうっていう買い急ぎが起こることで需要が喚起されるって感じで

需要には限界があるわけ。
例えば胃袋。1世帯当たりの月平均食費支出の推移を調べてごらん。増え続けてはいないよ。
胃袋の大きさには限界があり、それに伴って食欲にも限界がある。
一食に食べる量にも、一日に食べる量にも限界があるわけだから、人口が一定だと仮定すれば、食に関わる産業の成長には限界があるということだよ。
食に限らず、全ての産業にも需要の限界があることを理解しなさい。

マインドで胃袋が膨らみ続けることはないわけ。
キミは、こんな簡単な理屈も理解できないお馬鹿さんなんだよ。
日本は、ペティ=クラークの法則通りに産業構造が転換した国だけど、需要に限界が存在しないのであれば、ペティ=クラークの法則による産業構造の転換は起こり得なかったんだよ。

産業構造の転換が頭打ちになったのは、日本という経済共同体の市場が成熟し、需要が飽和状態に達したからだ。
だから投資先が無く、行き場の無いお金は金融経済へと流入するわけ。
従って、いくら量的金融緩和を行っても、お金の借り手は現れないんだよ。
デフレだなんて大嘘だよ。
いいかい。成長の限界を認めれば、経済学者という職業が成り立たなくなる人もいるんだよ。騙されないことだ。

世界の実体経済の規模は、各国が公表しているGDPの合計額だが、金融経済の規模は公式な統計が存在せず、正確な額は定かではない。
しかし、少なくても実体経済の十数倍はあるだろうと言われている。
数年前にBISが公表したは世界の外為市場の一日の取引高が、当時の円換算で約530兆円だった。
つまり、日本のGDPとほぼ同額のお金がたった一日で動いているんだよ。
また、世界の株式市場の時価総額の合計が約9000兆円になり、最高記録を更新したという報道もあった。
このように、実体経済を上回るお金が瞬時に国境を越えて金融経済の中で動いているわけ。
お金は有り余っているんだよ。世界中から貧困が無くなり、誰もがお腹一杯に食べていけるだけのお金はあるんだよ。
しかし、そのお金は実体経済の中で動けない。
マインドではないんだよ。飽和なんだよ。わかった?



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント