FC2ブログ

記事一覧

日本国憲法を知らない総理大臣①

日本国憲法を知らない総理大臣① 
2018/12/27 Yahoo!ブログ

日本国憲法の前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と書いてある。つまり、自分たちの安全を世界に任せますよと言っている。そして「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う」
自分たちが専制や隷従、圧迫と偏狭をなくそうと考えているわけではない。いじましいんですね。みっともない憲法ですよ、はっきり言って。それは、日本人が作ったんじゃないですからね。そんな憲法を持っている以上、外務省も、自分たちが発言するのを憲法上義務づけられていないんだから、国際社会に任せるんだから、精神がそうなってしまっているんですね。そこから変えていくっていうことが、私は大切だと思う。

このように、日本国憲法を知らない安倍総理は、自分達の安全を人任せにした、いじましく、みっともない憲法であると日本国憲法を称しています。
しかし、日本国憲法の前文にはこのように書かれているのです。

『・・・われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。』

日本国憲法前文には、平和を実現するには世界の人々と共に対等関係を築く必要があり、その崇高な理想と達成するために全力で取り組むという日本国民の使命が謳われているのであり、決して自分達の安全を人任せにしようとするものではないのです。
総理大臣が憲法前文に書かれている内容を知らないとは驚きですし、その間違った認識を改憲理由にしてしまうのですから開いた口が塞がりません。
安倍総理の発言を真に受けてしまった人の国語力は、義務教育レベルに達していません。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新コメント

最新コメント