FC2ブログ

記事一覧

日本国憲法を知らない総理大臣③

日本国憲法を知らない総理大臣③ 
2018/12/27 Yahoo!ブログ

憲法第9条は、第2章の『戦争の放棄』を構成している条文です。第2章で放棄した戦争とは、正当防衛の戦争を含む全ての戦争です。
帝国憲法の改正法案提者である吉田総理はこのように答弁しています。

○國務大臣(吉田茂君) 
「・・・ 又戰爭抛棄に關する憲法草案の條項に於きまして、國家正當防衞權に依る戰爭は正當なりとせらるるやうであるが、私は斯くの如きことを認むることが有害であると思ふのであります(拍手)近年の戰爭は多くは國家防衞權の名に於て行はれたることは顯著なる事實であります、故に正當防衞權を認むることが偶偶戰爭を誘發する所以であると思ふのであります、又交戰權抛棄に關する草案の條項の期する所は、國際平和團體の樹立にあるのであります、國際平和團體の樹立に依つて、凡ゆる侵略を目的とする戰爭を防止しようとするのであります、併しながら正當防衞に依る戰爭が若しありとするならば、其の前提に於て侵略を目的とする戰爭を目的とした國があることを前提としなければならぬのであります、故に正當防衞、國家の防衞權に依る戰爭を認むると云ふことは、偶々戰爭を誘發する有害な考へであるのみならず、若し平和團體が、國際團體が樹立された場合に於きましては、正當防衞權を認むると云ふことそれ自身が有害であると思ふのであります、御意見の如きは有害無益の議論と私は考へます(拍手)」

日本国憲法第2章及び第9条には、国際平和団体を樹立して平和を維持しようという理念が謳われています。
国家による全ての戦争は、正当の名の下で行われる。例え自招侵害だったとしても、国家は正当防衛だと言って国民に戦争を強いる可能性がある。ならば、国家に自衛権を与えなければ良い。
要するに、国家から自衛権を奪ってしまえば良いというのが第2章の『戦争の放棄』であり、『第9条』なのです。

自衛隊という正当防衛を目的とした軍事力の保有を認め、正当防衛という名目の戦争を可能にするには第2章と第9条を削除するしかないのです。
それなのに、安倍総理大臣は9条の1項と2項を維持しつつ自衛隊を明記すると言っているのです。
第2章及び第9条をそのままにして自衛戦争を正当化すれば、矛盾が生じてしまうのです。
改正帝国憲法の改正法案の審議で示された条文解釈は法的根拠を持ちます。もし、条文の理念や目的を変更する場合は法的手続きを踏んで現行の『章』と『条』を破棄した上で、新たな『章』と『条』を制定しなければなりません。
それが正当な憲法改正です。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント