fc2ブログ

記事一覧

『生産性向上と働き方改革を常識で考察-現代貨幣理論(MMT)的レンズ』に対する反論

『生産性向上と働き方改革を常識で考察-現代貨幣理論(MMT)的レンズ』に対する反論


>現代貨幣理論(MMT)はオンデマンドサイド(需要)の理論です。
嘘だ! というのならば、現代貨幣理論(MMT)が「生産性向上(サプライサイド)!」と主張したことがあるかどうか? 考えてみてください。

お金の大半が実体経済の中で流れていた時代は疾うの昔に終わっていてね、現在ではお金の大半は金融経済の中で流れているわけ。
市場が成熟して飽和状態に達すると、行き場の無いお金は退蔵するか金融経済へと流れて行くんだよ。
いいかい。いくら強制的に血液を供給したところで、その血液は生きて行く上で不要な血液であり、行き場の無い血液は別の身体へと流れて行くが滞ってしまうだけなんだよ。
金融経済の中で流れるお金は付加価値を生み出さないわけ。つまり、いくらお金が速く流れても経済成長することはないんだよ。
いい加減に気付いてよ。
キミはね、お金の大半が実体経済の中で流れていた時代を前提にした話しをしているんだよ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント