FC2ブログ

記事一覧

フセインとカダフィは石油本位制に挑戦した

フセインとカダフィは石油本位制に挑戦した

2015/12/23 textream
ewkwfc

>石油はエネルギー安全保障の根幹だから、米国は確かに国家安全保障政策として中東地域の原油生産の安定的供給を望んでいるよ。

世の中に疎いのはお前なんだよ。無知も甚だしいんだよ。
イラクは国連に対し、原油輸出の決済を敵国通貨であるドルからユーロへ変更することを要求したわけ。
その歳、認めなければ原油輸出を止めると脅しているんだよ。

国連での審議は難航したが、イラク制裁委員会において決済通貨変更が承認された。
つまり、イラクは原油取引のドル一極体制を崩したんだよ。
もし、ユーロ決済が他の産油国に波及する事態になれば石油本位制が崩れ、ドル体制は維持できなくなってしまう事態になっていたわけ。

当時、下院議員だったロン・ポールは議会演説でこう言っているよ。

「サダム・フセインが原油をユーロ建てで得ることにより準備通貨としてのドルの完全性を攻撃したため、彼の追放に関する公開の議論は行われなかった。米国がイラクに執着した真の理由はこれであると多くの人々が信じている。私はこれが唯一の理由であるとは思わないが、戦争を遂行する動機に重要な役割を果たしただろうと考える。軍事的勝利の直後からイラクの原油輸出は全てドル建てとなり、ユーロは見捨てられた。」と言い、「もし石油市場がユーロ建てに切り替われば、米国の際限のない国際準備通貨製造能力は削減されるだろう。」とし、更には、「我々が今日のゴールドであると宣言するドルを受け取る以外に彼らにはほとんど選択枝はないのだ。これこそが、イラク、イラン、ベネズエラといったこの体制に挑戦する国々が米国による体制転覆の標的になる理由である。」

と結んでいる。
つまりね、イラク攻撃の動機の全てがドル体制の維持とは言わないが、そうしなければドル体制は維持できなかったと認めているんだよ。
お前は、世の中の仕組みを全く理解していないわけ。
これでは、日米安保条約の目的も、集団的自衛権行使の合法化の意味も理解できないだろう。


2015/12/24 textream
ewkwfc

>現在、原油はユーロでもルーブルでも取引されているがそれで米国のドルが基軸通貨で無くなったなんてことはない。

イラク戦争によって、湾岸諸国のドルペッグは維持されたんだよ。
つまり、イラク戦争は、次は我が身だと思わせ効果があったんだよ。
お前のような無知に、国際政治など語れるわけがないんだよ。

金本位制を維持できなくなったアメリカは、石油本位制でドル体制を維持してきたわけ。
フセインとカダフィは、石油本位制に挑戦したから敵視され、潰されたんだよ。
鳩山由紀夫が潰されたのも、複数基軸通貨体制を提唱したからだよ。

ドルが国際基軸通貨だから、アメリカは国防力を遥かに超えた軍事力を維持できるし、その軍事力でドル体制を守っているんだよ。
ドルが国際基軸通貨にならなければ、日米安保条約が締結されることはなかったわけ。

少しでも長く、資本主義経済という間抜けな経済システムを存続させようとするのであれば、一国が発行する不安定な法定通貨を国際基軸通貨にするのではなく、より安定的な通貨を選択しなければならなかった。
だからケインズはバンコールを提唱したわけだが、なぜか不安定なドル体制が選択されてしまったんだよ。

不安定な国際通貨秩序を維持するためには、強大な軍事力が必要だった。
しかし、アメリカはその負担に耐えられなくなってきたんだよ。
だから、日本に対して分担を求め続けてきたわけ。
集団的自衛権行使の合法化は、そのためのものなんだよ。

ロン・ポールは、議会演説でこう言っているよ。

「皮肉なことに、ドルの優位は米国の強大な軍事力に依存している。そして、米国の強大な軍事力はドルに依存している。外国が実物財の対価として米国ドルを受け取り続け、米国の度を超した消費と軍国主義の資金を快く用立て続ける限り、米国の対外債務や経常収支赤字がどれほど巨額になろうとも現状が維持されるだろう。」



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント