fc2ブログ

記事一覧

『そもそも今のコロナは「2類相当」な対応なのか?』に対する意見

『そもそも今のコロナは「2類相当」な対応なのか?』に対する意見
https://ameblo.jp/o-zsn/entry-12781584270.html

>「5類」に見直せば、こうした措置はインフル並みに変更される可能性がある。

安倍内閣は、科学的根拠がないのに「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令を閣議決定したが、この決定が後に指定病院を医療崩壊寸前まで追い込む結果になりました。
また、科学的根拠もないのに全国の小中学校、高校、特別支援学校に臨時休校と大規模イベントなどの開催自粛を要請し、新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正法案を成立させて「緊急事態宣言」を可能にして7都府県に対して緊急事態宣言を発令し、更に緊急事態宣言を全都道府県に拡大しました。
そして、国民経済を完全に破壊したのです。
新型コロナウイルスによる感染症はインフルエンザの流行レベルに照らした場合、注意報レベルにすら達していませんでした。それも圧倒的に下回っていて流行にすらなっていなかったわけだから、とんでもない権力の濫用だったということです。

ファイザー社及びモデルナ社の1価ワクチンの薬事承認が2021年2月と5月に行われ、オミクロン株対応2価ワクチンの薬事承認が2022年9月に行われています。
緊急承認の期限は原則として最大2年です。当然、臨床試験は継続的に行われていますから治験が終了した時点で再度承認申請を行い、審査と承認を経て製造販売が可能になります。
臨床試験の期間は一般的には3~5年で、審査と承認には1~2年を要すと言われています。
したがって、新型コロナウイルスの感染症法上の分類を2類から5類に引き下げてしまうと2価ワクチンの緊急承認は2024年で切れてしまいます。
その時点で再度承認申請していたとしても、副反応や死亡例の増加が社会問題化すれば審査に多くの時間を要することになってしまします。
そうなれはワクチンの製造と販売ができなくなり、製薬会社にとっては大きな痛手になります。
ですから、簡単に2類から5類に引き下げられないのです。
重要なのは国民の健康ではなく、製薬会社の利益だということです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ewkefc

Author:ewkefc
毒舌注意!
政経についての記事を中心にYahoo!掲示板やブログに投稿したものも載せて行きます

最新記事

最新コメント

最新コメント